一人暮らし向け「宅配クリーニング」!おすすめランキングと活用術

一人暮らしに便利な宅配クリーニング

 

一人暮らしの生活において、クリーニングは手間のひとつ。

 

定期的に洋服をもってクリーニング店に行き、期日に取りに行かなければいけません。

 

自宅近くにお店があればまだよいのですが、自宅から遠いという人も少なくないでしょう。

 

そこでオススメなのが宅配クリーニング

 

自宅まで洋服を引き取りに来て、仕上げた服を届けてくれる。こんなに便利なサービスはありません。

 

このページでは一人暮らしの方にオススメの宅配クリーニングサービスを、ランキング形式で紹介。

 

さらに利用するメリット・デメリットや、お得に活用する方法なども解説します。

 

 

 

スポンサーリンク

一人暮らし向け宅配クリーニングおすすめ業者ランキング

数ある宅配クリーニングの中から、一人暮らしに適したものを厳選。ランキング形式で紹介します。

 

宅配クリーニングのリネット

【料金】単品毎の料金
【送料】初回無料・2回目以降3千円以上で無料※通常会員は1万円以上で無料
【納期】最短2日(東京10区は翌日)
【お試し】初回50%オフ

 

会員数は30万人を突破。三越伊勢丹やトミーヒルフィガーなど、多数のアパレル企業とも提携しています。
何といっても品質の高さに定評があり。お届け後30日以内であれば、無料で再仕上げを行ってくれます。
さらにプレミアム会員になると、さらに高品質の仕上りや会員限定キャンペーンなど、さまざまな特典を受けられます。

 

公式サイトへのボタン


 

ネクシーのLP

【料金】単品毎の料金
【送料】一定額以上になると無料(エリアによって異なる)
【納期】最短5日(九州は3日)・最長7ヶ月保管
【お試し】なし

 

長崎を拠点とする会社。スマホやパソコンから3分で簡単に申込ができます。
徹底して洗った後は、すべて手仕上げ。染み抜きも無料でトコトン対応してくれます。
さらにシーズンオフの服を、最長7か月まで保管している無料サービスも。部屋が狭い人には最適ですね。
無料会員のほかビジネスコースとメンバーズコースがあり、割引適用で利用も可能。

 

公式サイトへのボタン


 

リナビス

【料金】パック料金(1点あたり940~1,560円)
【送料】無料(一部エリアを除く)
【納期】最短5日・最長9ヶ月保管
【お試し】無料会員登録で333円分のポイントを付与

 

「おせっかいと非効率なクリーニング」としてテレビでも話題。創業56年の兵庫県にあるクリーニング店です。
各工程で熟練した職人が対応。ボタン修理やシミ抜き、さらには最長9ヶ月の保管もすべて無料というから驚きです。
5点・10点・20点の3種類のコースがあり、まとめてクリーニングするとオトク。汗抜き加工やはっ水加工なども、有料オプションで対応しています。

 

公式サイトへのボタン


 

せんたく便(保管サービス付き)
せんたく便のLP

【料金】パック料金(1点あたり668~1,396円円)
【送料】無料(一部エリアを除く)
【納期】最短5日・最長11ヶ月保管
【お試し】初回価格あり

 

安さ重視であれば、一番オススメ。「最速10パック」であれば1点あたり668円で利用できます。
第三者機関の調査では、利用満足度1位に。染み抜きやボタン付けも無料サービスに含まれます。
さらに最長11か月保管する「保管パック」や、難易度の高い「コスプレパップ」も用意。さまざまなニーズに対応しています。

 

公式サイトへのボタン


 

【料金】パック料金(1点あたり1,000~2,500円)
【送料】初回無料
【納期】最長9ヶ月保管
【お試し】なし

 

部屋が狭くて「シーズンオフの服は、預かっておいてもらいたい」という人にオススメ。
イオングループが運営する、保管付きの宅配クリーニング。最長で9ヶ月保管をしてくれます。
衣類に合わせて、丁寧なクリーニングを実施。その後アパレル使用の倉庫で、最適な温度下のもと保管されます。

 

公式サイトへのボタン


宅配クリーニング各社の比較表

紹介した5社の比較表を作成しました。選ぶ際の参考にしてください。

 

会社名 料金体系 送料 納期 保管サービス 有料会員
リネット 1品毎 一定額以上無料 最短2日 ×
ネクシー 1品毎 一定額以上無料 最短3日 〇(7ヶ月)
リナビス パック料金 無料 最短5日 〇(9ヶ月) ×
せんたく便 パック料金 無料 最短5日 〇(11ヶ月) ×
カジタク パック料金 初回無料 未記載 〇(9ヶ月) ×

宅配クリーニングとは?

宅配クリーニングを利用する

 

クリーニング店の場合は依頼をする際、衣類などを店舗に持ち込まなければいけません。

 

当然受け取りの際も、店舗まで取りに行きます。

 

一方宅配クリーニングではその必要はなし。

 

業者側が自宅まで行き集荷し、洗濯後は自宅に届けてくれるのです。

 

自宅までクリーニング品の集配や配達をしてくれるサービスの総称を、宅配クリーニングと呼びます。

 

スポンサーリンク

宅配クリーニングのメリット

私自身も利用しており、その中で感じたメリットを列挙します。

 

店舗に行く必要がない

宅配クリーニング最大の特徴、メリットともいえる点です。

 

私も以前は店舗を利用していました。

 

仕事の関係で休日しか行けませんでしたが、貴重な時間をお店の往来に費やすのはもったいなかったです。

 

また荷物が多かったときは、重くてひと苦労でしたね。

 

そんな手間ともオサラバ。時間指定をすれば、都合のよい日時に自宅に来てくれます。

 

比較的リーズナブル

「宅配は店舗よりも料金が高いのはないか?」私も当初このように思っていました。

 

しかし同等か、むしろ安いケースもあるのです。

 

まず会社の中には「パック料金」を採用していて、まとめて依頼すれば1枚あたりの価格が下がります。

 

さらに送料も、「〇円以上なら無料」という会社が多い。

 

賢く利用すれば、お得に簡単にクリーニングができるのです。

 

仕上りが丁寧

宅配クリーニングの普及に伴い、会社が増えて競争が激しくなってきました。

 

各社の品質が上がってきて、利用者にとっては嬉しい状況となっています。

 

一つひとつ手仕上げだったり、入念な検品作業が入ったり、無料で染み抜きをしてくれたり。

 

「お店に比べて、仕上りがいい加減なのでは…」という心配は無用です。

 

保管サービスがあるところも

一人暮らしの部屋が狭かったりすると、オフシーズンの服の保管場所に困りますね。

 

そんな時に便利なのが保管サービス。シーズンオフの期間中、会社が預かって保管してくれるのです。

 

宅配クリーニング会社の中には、保管サービスに対応している所も。さらに無料の所もあります。

 

温度など最適な環境下で保管してくれるので、とても安心です。

 

コンビニでの集配も可能

家まで来てくれるといっても、休日まるまる外出していて、受取ができないというケースもあることでしょう。

 

しかし業者の中には、コンビニでの集荷・受取に対応しているところもあります。

 

コンビニは24時間営業なので、平日会社帰りの夜遅い時間でも対応が可能。

 

さらに都合のよい時間帯で、利用できるのです。

 

宅配クリーニングのデメリット

では宅配クリーニングにデメリットはあるのでしょうか?

 

私なりにデメリットを考えてみました。

 

単品だと割高になるケースも

お伝えしたように衣類などを一度にまとめて依頼すると、単価が安くなる会社が多いです。

 

また送料も無料になったりします。

 

一方で1品だけとなると、その分割高に。

 

1品だけクリーニングを頼みたいという方は、近所のクリーニング店の方がよいかもしれません。

 

急ぎで対応してくれる会社が少ない

会社にもよりますが、多くの会社は発送してから3~5営業日後に仕上がった服が届くケースが多いです。

 

地方に本社がある会社が比較的多く、その分発送に時間がかかってしまいます。

 

リネットは東京10区で翌日発送できたりしますが、ある程度余裕をもって依頼する必要がありますね。

店舗型クリーニング屋との違い

宅配と店舗のクリーニングの違い

 

お伝えしたように宅配とお店は、それぞれ一長一短が存在します。

 

宅配の場合は自宅にいながらにして、サービスを利用できる。さらにコンビニ対応している会社も多く、24時間自分の都合で使えます。

 

一方お店の場合は営業時間も決まっており、毎回お店まで行かなければいけませんね。

 

もちろんお店のクリーニング屋にもメリットがあります。

 

1品単位でもそれなりの安い値段で対応してくれ、仕上りまでの期間が早い。

 

急ぎでクリーニングをお願いしたい時は、お店の方がおおむねよいでしょう。

 

その時の状況にあわせて、最適な手段を都度選ぶのがベストといえます。

 

スポンサーリンク

宅配クリーニングの選び方

宅配クリーニングとひとくちに言っても、今や数多くの業者があります。

 

その中からどのような視点で自分に合った会社を選ぶべきか、まとめてみました。

 

料金とスピードで選ぶ

クリーニングを利用する際、重視する点は料金とスピードではないでしょうか。

 

急いでいる時はある程度お金を払ってでも、仕上げを早めたいですよね。

 

当ページでは各社の比較表を作成しているので、状況に適した選択をしてください。

 

口コミや評判で選ぶ

前提として仕上りが満足できるものでなければ、クリーニングを使う意味がありません。

 

もちろん各社のホームページを見てみると、丁寧な対応で仕上げていることがよくわかります。

 

しかしそのクオリティが本当にお客さんを満足しているかというと、話は別。

 

中には満足度が低い仕上りになっている会社があるのも事実なのです。

 

そこでチェックしたいのは、利用者の生の声。

 

もちろんステマも存在するので、見分ける必要があります。

 

ツイッターやヤフー知恵袋はその中でもステマは少ないので、この2つのメディアを確認するとよいですね。

 

甘い文言に騙されないよう、意識することは大切です。

 

無料サービスの範囲で選ぶ

ライバル会社が増えている中、自分の会社を選んでもらおうと各社はしのぎを削っています。

 

その中でもチェックしておきたいポイントが、各社が提供している無料サービス

 

今では染み抜きや毛玉取り、ボタン修理なども無料で対応してくれるところが出てきました。

 

さらには保管サービスさえ無料で行ってくれるところも。とてもありがたいですよね。

 

クリーニングしたい服の状況と各社の無料サービスを照らし合わせれば、自ずとどの会社を選べばよいか判明することでしょう。

 

賠償基準で選ぶ

届いた服の仕上りが満足できなかった場合、どのような対応を取ってくれるかも大事なポイント。

 

せっかくお金を支払うわけですから、納得できるサービスを受けたいですよね。

 

もちろん対応は会社毎に異なるわけですが、中には無償で再仕上げをしてくれるところも。

 

リスクを想定したうえでの会社選びも、大切というわけです。

 

宅配クリーニングをオトクに活用するポイント

宅配サービスをオトクに利用する

 

毎日の生活費を考えると、あまりお金をかけずにクリーニングを利用したいと考えるのは当然。

 

そこでいかに安く宅配クリーニングを活用するかのポイントをお伝えします。

 

まとめて依頼する

お伝えしたように一度の依頼で、点数を多くした方が1品あたりの単価は下がります。

 

クリーニングしたい服がある程度たまったら、一度に依頼をかけるのがよいでしょう。

 

有料会員になる

宅配クリーニング会社の中には、有料会員を用意しているところがあります。

 

月数百円程度を払うだけで、1品あたりのクリーニング代が100円以上下がったりします。

 

仕事用のワイシャツなど定期的に利用する方であれば、有料会員になっていた方が絶対にオトクです。

 

キャンペーンを活用する

各社期間限定で、割引などのキャンペーンを実施しています。

 

たとえば年末や新生活が始まる3~4月など、クリーニングの繁忙期に実施するところが多いですね。

 

キャンペーン時期に合わせてまとめて依頼する方法も、節約につながります。

まとめ

今まで店舗のクリーニング屋さんを使っていた人は、そのためにいかに時間を費やしてしまっていたか振りかえってみてください。

 

宅配クリーニングに切り替えた時、「こんなに楽にクリーニングができるんだ!」と私もとても感動したのです。

 

重い荷物をもつ必要もないし、わざわざ時間をかけて外出する必要もない。

 

店舗にはもう戻れないと感じました。その便利さを皆さんもぜひ体験してほしいのです。

 

各社は初回キャンペーンやお得なパック料金など、利用しやすいようにさまざまな工夫をしています。

 

機会があればぜひ使ってみてくださいね。

 

この記事のカテゴリー
総合カテゴリ―・お役立ち情報

 

関連する人気記事
一人暮らしで家事を時短する方法

一人暮らしの方が、家事を効率よくすすめられるためのテクニックを紹介します。

 

一人暮らしに重宝する超便利キッチングッズ8選!

一人暮らしの食生活を支えてくれる、とっておきの便利キッチングッズを紹介します。

 

一人暮らしで掃除機をかける頻度はどれくらいがベスト?

一人暮らしの人が部屋を掃除する時、どの位の頻度で掃除機をかけるのがよいのかを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加